プラチナとダイヤの結婚指輪

OFF

結婚指輪はプラチナとダイヤモンドの組みあわせが圧倒的に人気ですから、必然的にダイヤモンドに定評のあるブランドや、プラチナ専門店を選択肢に入れる人も少なくないでしょう。

プラチナ専門店は全国にそれほど数が多くはないのですが、メッキ仕上げをしないところなど、自社のプラチナ製品に自信を持って扱っているところなどが見つかります。

プラチナは世界的に見ても、採掘される場所が限られています。

耐久性が過ぎれていて変色や変質せず、輝きが変わらないことからブライダルの記念品として結婚指輪や婚約指輪に選ばれることが多いのです。

ダイヤモンドの品質は有名な4Cが評価基準になります。

カットされた宝飾用のダイヤモンドの品質は、カラット(重さ)カラー(色)クラリティ(透明度)カットでそれぞれの評価を行います。

1カラットは0.2gです。

カラーは無色がD、黄色味の強いものがZになっています。

クラリティは11段階に評価されています。

表面の状態や内部の特徴を拡大鏡などで検査することでクラスを決めていきます。

カットは比率のプロポーション、研磨状態のポリッシュ、対称性のシンメトリーを総合的に見て、5段階評価を行います。

カットだけでは人の手で行ったものに関しての評価になります。

プラチナとダイヤモンドの結婚指輪を買いに行く前に、基礎知識として知っておくと、リングの価格の差や価値の違いを理解することができます。

良いダイヤの入ったリングを見せてもらうと、良さの違いがわかります。

※Pickup記事⇒http://dokujo.jp/archives/51859668.html

This post was written by , posted on 5月 19, 2015 火曜日 at 12:16 am

Comments are currently closed.